ヒゲが濃くなるのはなぜ?

by debtout
12月 28 2013 年

ヒゲが濃くなる原因として一番考えられるのがまず男性ホルモンの影響があります。ヒゲが濃くなったり伸びたりするのは男性ホルモンの分泌量が多くなっているためです。

また、生活習慣の乱れなどが原因で男性ホルモンのバランスが崩れることにより、ヒゲが一時的に濃くなることもあるようです。

男性ホルモンの乱れは精力増進剤を飲んだり、性行為によっても一時的に多くなるようなので、ヒゲが濃いと感じる方は注意してみると良いかも知れません。

その他の原因としてカミソリなどでの剃りすぎがあります。ヒゲが濃いからといってすぐに剃りたいと思い、手軽に扱えるカミソリを用いる方が多くなっています。

しかし、カミソリは肌を傷つけ、肌トラブルの元を作ってしまうのです。肌トラブルが起こると肌がそれをカバーしようと思い、毛根に働きかけます。そのおかげで太くて強い毛が生えてきてしまうのです。

つまりカミソリで肌を傷つければヒゲは濃くなるといえます。カミソリでの脱毛が悪いとは言いませんが、カミソリを扱う際には保湿クリーム等で保護するのも忘れないようにしましょう。

また、肌色によってもヒゲが濃く見えてしまうということがあるようです。一般的に色白の方は青ヒゲに見えてしまう場合が多いです。絵などでも白の中に黒があると目立ってしまうのと同じです。

色黒の方はヒゲの色と肌の色とが近くなるのでヒゲが濃い方でもあまり目立って見えないのです。濃いのが目立って嫌だと思う方は永久脱毛を考えたり、肌の色を少し小麦色にしてみるのも良いかも知れません。

コメントは受け付けていません。